バイアグラ ジェネリック

MENU

バイアグラのジェネリック(後発品)とは

最近、よく耳にするのがジェネリック医薬品です。バイアグラにも例外なくジェネリック医薬品があります。

 

そもそもジェネリックとは

ジェネリックというのは、先発医薬品(新薬、オリジナルの薬のこと)の特許期間が切れた後に製造販売される、先発医薬品と同じ有効成分を同量含んだ薬のことをいいます。ジェネリックのことを、後発医薬品とも呼びます。

 

バイアグラジェネリック

バイアグラについては、2014年には国内でも特許期間が切れており、ジェネリックの製造販売が始まっています。最初は、東和薬品株式会社が開発したジェネリックが販売され、現在では、10社ほどからバイアグラジェネリックが販売されています。

バイアグラ,ジェネリック,個人輸入,通販

バイアグラのジェネリックについては、特許が切れる数年前から日本でも個人輸入取引されていたのです。独自の特許制度を採用していたインドでは、それ以前から販売されていて、カマグラ、カベルタ、シラグラ、ベガなどの製品名のジェネリックがあります。これらはいずれもオリジナルのバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルを有効成分としていて、それが同量含まれているため、同等の効果が期待できます。これらのインド製のバイアグラジェネリックは、国内では未承認であるため、通販(個人輸入)の方法で入手することになります。
これらのインド性のバイアグラジェネリックの注目スべき点はその価格です。1錠百円程度、つまり本家のバイアグラの1/10ほどの低価格では購入することが出来るのです。この考えられないような価格のため、インド性のバイアグラジェネリックは人気があるのです。

 

個人輸入の注意点

注意すべきなのは、これらの通販で購入できるインド製のバイアグラジェネリックとして販売されているものの中には偽物も含まれていることです。ネット上で流通しているED治療薬の半数以上が偽物であるという調査結果もあります。偽物の薬を服用した場合、本来の効き目が得られないのはもちろん、他の薬の成分が混入していて、思わぬ健康被害を招くこともあります。
バイアグラジェネリックを個人輸入するときは、信用のできる業者から購入するように気をつけてください。

 

信頼できる個人輸入代行い業者はこちら